仮設住宅と復興

復興は進んでいるのでしょうか?

テレビなどではあまり取り上げられなくなっていますが、どうなのでしょう。

そもそも、仮設住宅って、2年とか3年とか、それくらいの間住む家ですよね。もっと長く住めるのかな?台風やそれこそ地震が来たら、倒れてしまうのではないかと心配なのですが、今仮設住宅に住んでいる人たちは、いつまで仮設住宅に住めるのだろうか?或いは住むつもりなのだろうか?と思ってしまいます。でも、新しい家と言っても、高齢者はもう無理だよね。お金もないし、稼ぐあてもない、たとえ家を建てたとしても、続いて住む人がいない・・・どうするんだろう。っていうか、国はどうするつもりでいるんだろう。どうやって復興していくつもりなんだろう。何か方針があるのかな。その方針に、仮設住宅住民が従えないからストップしてるのか?どうなんだろう。

でも、復興はスピードだけではどうしようもない。結局は、中身が大事ですからね。沿岸漁業中心の地域の人に、高台に引っ越しましょうと強引に高台に住まわせ、仕事がなくて死に追いやるなんていうことになってもいけませんし、難しい問題だと思います。