Home 原子力発電所のセキュリティ
« Home »
3月 18th, 2013 コメントは受け付けていません。

原子力発電所のセキュリティ

Tags
Plurk
Share this

先日、CSを見ていたら『24―Twenty Four―』が放送されていたので懐かしくて見入っていたら、内容が原発へのサイバーテロというもので、ふと我が国の原発へのテロ対策というのはどうなっているのかと気になって調べてみた。

まず襲撃テロに対しては、すべての原子力発電所の構内に武装警察官を24時間常駐させているそうで、これは9・11同時多発テロのあと世界に先駆けての事だそうで、我が国もなかなか捨てた物ではない。

その他にも原子力発電所の作業員に身元調査を義務化するなどテロ対策には万全を期しているようだが、インターネットを使ったサイバーテロや航空機などを使った上空からのテロ対策に関しては明らかになっていない。

ちなみに各国のテロ対策だが、周辺の警備を強化したり作業員の身元調査を徹底したりというのが多いなか、フランスでは航空機を使ったテロ対策として地対空ミサイルを配備したそうだ。

つまり、航空機がハイジャックされてそれが原子力発電所に向かって行ったら、乗客ごと撃墜される事を意味していているのだ。

Comments are closed.